三尾やよい

🏠https://mioyayoi841.wixsite.com/adult

「男好きのレッテルを貼られた」女の子へ

こんなにブログを書いていなかったなんて、びっくりだ!すっかり更新が止まって過疎ってる。

 

最近ふと、「異性関係」について思ったことがある。

 

f:id:chitekikoukishin:20190111231401j:image

f:id:chitekikoukishin:20190111231410j:image

https://instagram.com/uzura_enikki?utm_source=ig_profile_share&igshid=9x3ozo1kd70k

 

わたしは最近、この手の「シロウトが書いた漫画」にはまっている。で、この「男好きいじめ」ネタを久々に目にした。

 

主に学校生活でめちゃめちゃあるあるな、「男子と絡んでると、男好き判定される」という文化。

 

判定された人は、「話しているだけで男好きって言われた…。」「そんなことないのに…。」「嫉妬?やっかみ?」と言うわけだけど、その人は実際、男好きなのではないだろうか。

 

少なからず、過去に「男好き」と言われたことがあり、「男子のほうが話が合うし〜」とも思っていた黒歴史も抱える私は、自身を生粋の「男好き」だと確信している。

 

昔、「男は、女全般をうっすら好きで、女は、男全般をうっすら嫌いだ」というめちゃめちゃ伸びてるツイートを目にした。しかし、正直わたしは男全般がうっすら好きで、女全般がうっすら嫌いだ。男性と話すときはついついテンションがあがってキャピついてしまうし、女性と話すときはちょっと緊張する。

「あいつ男好きだよね」と言われる人は、自覚がなくとも、異性と話すときに舞い上がってキャピキャピしてしまい、そのオーラを見抜かれてしまっているのではないだろうか。

 

学生時代の、あの「異性好き=悪」みたいな風潮は、なんだったんだろう。

男好きだけでなく、「女好き」の男子も、触れてはいけない敬遠される存在になっていた気がする。

 

学校で「男好き」とか言われて悩んでいる人には、萎縮して話すのをやめたりせずに、「男好きだけど何か?」と、開き直ってほしい。

開き直る、というのが、人生を楽しくする一番の方法なんだって、最近思った。

 

なんでもかんでも開き直ろうと努力してるけど、まだまだ開き直れないコンプレックスをたくさん抱えている。